全身脱毛の時に気をつけていた注意点

脱毛に行く日の夜は

脱毛に行く日の夜は、早めに布団に入って眠るようにしました。
エステ脱毛をした日の夜は、飲酒の為時使っていた時間を、肌へのスキンケアタイムにあてました。
お酒は大好きですが、無駄に肌荒れを起こすのは困ります。
だからお酒は、エステ前後だけは控えました。
エステティシャンとのカウンセリングのときに、お風呂に関しても注意点として気をつけていました。
仕事が終わって帰宅をして、バスタイムも自分には幸せな時間です。
でも脱毛の日の夜は、湯船にはつからないように、エステスタッフから注意がありました。
これもアルコールと同じような理由ですが、湯船に浸かることで体温が上がりますので、肌荒れをしやすくなるためです。
一般的には体を内側から温めることで、血行が良くなって健康にはすごくいいと言われています。
だから普通の時であれば、お風呂につかるのは良いことですが、脱毛の日だけは違います。
光脱毛の照射によって肌の中は温かくなっているので、その日の夜は湯船に入ると、温度が上がって肌荒れをしやすくなります。
それに目には見えないですが、湯船には細菌などもいっぱいいます。
目には見えないのでわかりませんし、丈夫な肌状態なら平気です。
でもエステ脱毛をした日は、皮膚がとてもナイーブな状態なので、お風呂にいる雑菌にもやられてしまうのです。
肌を清潔にするのは大切なので、エステ脱毛をした日の夜は、湯船には入らないで、シャワーを浴びて済ませるようにしました。
シャワーも強くは当てないようにして、温度もぬるま湯にします。

全身脱毛にエステに通うさいの注意点脱毛に行く日の夜はしっとり肌になりますし、全身脱毛も順調